アイキララの成分・特徴・購入する前に気づいた真実とは?

アイキララ成分の特徴を購入前に知っておけば、敏感肌やアレルギーの人でも安心して使用できます。

この記事では、アイキララの成分がどんな特徴があるのか、ご紹介します。

アイキララの成分と特徴

目元アイケア・クリームは、栄養を皮膚に浸透させ、クマを改善し、目元のしわや悩みを軽減することを促進すると期待されています。

アイキララも似たような成分が含まれていますが、特に目元のクマを薄くする成分が含まれています。

青クマ ビタミンK

ビタミンKは老廃物などによる血行不良で起こるクマにはいいと言われています。
ビタミンKは血行を良くするのと、保湿効果があります。
そして、クマを引き起こす老廃物を排除しながら、目元を明るくします。

 

茶クマ ハロキシル

フランスのZederma社によって開発されたハロキシル。これは高級アイアイローションやアイクリームに使われています。

それはコラーゲンの生産を支え、目のまわりの皮膚のターンオーバーを促進します。

 

黒クマ ビタミンC誘導体

コラーゲンの形成をサポートするのは、ビタミンC誘導体MGA(ミリスチル3-グリセリルアスコソルビンサン)です。
目にふくよかな弾力を取り戻し、明るい印象の目にします。

アイキララの全成分

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

すべての成分を調べると、体に悪い影響を与えるであろう防腐剤や着色剤のようなものはありませんでした。

また、第三者機関による有効性評価試験とともに結果が研究誌「医学と薬理学」に発表されています。

アイキララの成分は、クマを引き起こす老廃物を取り除きながら若々しい肌質に変えることができるアイクリームです。

コンシーラーのような対策ではなく、内側から根本的に改善するためのアイクリームです。

添加物が入ってない

アイキララには、着色剤、香水、保存料など、肌に刺激を与える添加剤は含まれていません。

添加物を刺激があると肌荒れやしみが発生することがあるので、このような有害成分を含まないアキラを使用すれば、目元のケアに集中して継続していけます。